フリーダイバーというライフスタイル

最近 巷で人気急上昇中のフリーダイビング。一息でどれだけ深く潜れるか、と言う競技だ。

イルカと泳ごう!とか、人魚になろう!とかで今や若い女子に人気のアクティビティになりつつあるがそれはスキンダイビングであってフリーダイビングとは若干異なる。

日本のみなさんは一体どういうスタイルでフリーダイビングをしているのだろう。モルディブにいると、いろいろなスタイルのフリーダイビングの方がいて、その国の個性を表しているようで見ていて楽しい。

欧州の方はフォームがエレガントで美しい。器材やスーツもスタイリッシュ。欧州のファッションに通づるものがあり、シンプルで洗練されている。

モルディブ人は 我流。フォームもムチャクチャ、フィンもマスクもその辺にあった中古品。だがさすが海洋民族、恐ろしい速さでガンガン深く潜っていく。やっぱり彼らは人間と動物の両方の機能を兼ね備えてるんじゃ無いかと思う。

アジアの方は、それはまるで妖精かアニメキャラのようなコスチュームで来る。ファンタジー重視。上半身はビキニ。下半身はビキニか半尻。そこにニーハイを履き、レベルの高い人はチュチュをまとっている。そして肘までの長い手袋。髪は上部両サイドで結んでいる。もはや水中コスプレ、プリキュアである。ボート上でお見かけしたことは無いが 船上はある意味賑やかで楽しそうだ。

さて。私はプリキュアになるには年齢を大幅に振り切っている。かと言ってモルディブ人ほど無謀な勢いはない。私はものすごく小心者なのだ。でもやっぱり挑戦してみたい。あの海の底の向こう側にあるものが見てみたい。ああでもどうすれば???

そんな思いを巡らせていたら先日素敵なご夫婦に出会えた。20年前に世界を目指して潜っていたご夫婦だ。そのトレーニングに縁あって参加させてもらった。

まとうオーラがすでにストイック。なのに自然体。

「子供が生まれてから深く潜るのは辞めちゃいましたね(笑」とはにかみながら笑う彼女はウォーミングアップのスタティックで普通に4分くらい息を止めてるし、水平移動のダイナミックでは25mプールをガンガン永遠に往復している。。。なんと素敵な女性なんだろう!結婚してお子さんがいても、できる範囲の中で続けている。

おそらく陸で出会ったら、ただの普通のお母さんなんだと思う。それでも水に入ったら一気にすごい人になる。

この夫婦のように自然なスタイルで海と関わりながら人生を楽しんで行きたいなぁ。。。と、生き方のヒントを見せてもらった気がした。

さて 私の結果はと言うと 息ごらえ 1分30秒、平行潜水35m。惨敗である。3年前に講習を受けた時は2分30秒、平行潜水は200m行けたのに なんだこのザマは?

と言うわけで 心を入れ直し、自分のライフスタイルの全てを今一度見直していこうと決意した今日出会った。